RISING SUN ROCK FESTIVAL 2018 1日目

はじめに

f:id:wk_cal:20180815202728j:plain

今年もライジングサンロックフェスティバルに行ってきました。これで3回目の参加です。今年は台風13号が直前まで接近しており、飛行機の運行が不安でしたが、最終的になんとか参加できてよかったです。

準備

入場券

今年は先着発売がなく、すべて先行販売でした。そのせいなのかなんなのか一回チケット抽選に外れたので、当選率アップ券を使って購入しました。紙チケットではなく電子チケットしか売っていない時期に当選したのですが、電子チケットは「スマホが壊れたらどうしよう」「誤操作で自分でもぎってしまったらどうしよう」という不安がすごいので、次からは紙で買おうと思います。

会場までの交通手段、宿

去年に引き続き、オフィシャルツアーを利用しました。会場-ホテル間のバスが並ばずに乗れたりして楽なので、過去二回もツアーにしています。そのかわりfor campers(23時以降の通し券入場者のみが楽しめるライブ)には参加できません。しかし、ツアー申し込み直後にフィッシュマンズがfor campersであることが判明。ツアーをキャンセルしようかと思いましたが、ググったところ予めツアー担当者に一言言っておけば、自力で帰っても問題ないらしいのでツアー+ミッドナイトバスにしました。だんだんライジングにも慣れてきたので、次は自分で飛行機とホテルを取ろうと思います。飛行機の予約は「Googleフライト」が便利っぽいです。日程を入れると最安値を検索できて、金額に変動があるとメールを送ってくれます。

www.google.com

持ち物

去年の反省を踏まえて以下のような感じ。

  • チケット
  • お金
  • 身分証明書(オフィシャルグッズ会場受取のため)
  • 保険証(病院のお世話になったときのため)
  • A4ファイル(ツアーの書類などを格納)
  • Tシャツ 3~4枚
  • スポーツウェア上下(パーカーなど)
  • 下着
  • ヒートテック長袖Tシャツ数枚
  • 帽子(ゴアテックス
  • ポンチョ
  • ダウンベスト
  • トレッキングシューズ(ゴアテックス
  • 野鳥の会長靴
  • リュックサック
  • ビニール袋数枚(着替え、使用済み衣服用)
  • 懐中電灯(夜になると足元が見えないので)
  • タオル3~4枚
  • 日焼け止め
  • 虫よけスプレー
  • 汗ふきシート
  • ボルタレンローション
  • 常備薬
  • iPhone
  • 充電コード各種
  • iPhone用モバイルバッテリー
  • ライブ用耳栓(疲れているときや音が大きいときに付けるととても快適)
  • アミノ酸(適宜飲むと疲れが取れる気がする)

とにかく野鳥の会長靴が最高。今年は大雨だったので、ずっと履いてました。雨で靴下が濡れないだけで不快感が去年と段違いに小さかったです。インソールをデフォルトのものと変えるととても歩きやすくなるので、インソールもあわせて買ったほうが良いです。

www.birdshop.jp

www.birdshop.jp

1日目のライブ

10:00頃に会場に着きました。去年は入場までにかなり並んだ記憶があったのですが、今年はスルッと入場。その後、去年までとレイアウトが変わった会場を把握するため1時間くらいかけて散策し、BOHEMIAN GARDENあたりで夏野菜カレーを食べました。この時間帯は日差しがあって暑いくらいでした。なんだかんだで晴れるフェスじゃんと思っていました。このときまでは。

f:id:wk_cal:20180815203227j:plain

スカート @ BOHEMIAN GARDEN

f:id:wk_cal:20180810143253j:plain

まずは一発目はスカートから。アルバムをサラッと聞いたくらいで、あまり詳しくなかったのですが、のどかな野外のBOHEMIAN GARDENにぴったりの気持ちいいライブでした。ボーカル澤部さん「部屋で聞くような内向的な曲が多い」とのことでしたが、音的には思わず体を揺らしてしまうようなグッドミュージックでした。


スカート / 静かな夜がいい【OFFICIAL MUSIC VIDEO】

グッドラックヘイワ @ BOHEMIAN GARDEN

続けて、グッドラックヘイワをBOHEMIAN GARDENを見ました。二人だけのインストバンドですが、とてつもない技量で繰り出されるキーボードソロ、ドラムソロで興奮しました。野外で聞くインストバンドにハズレ無しだと思います。途中、音響トラブルで雷のような爆音ノイズが入ったのですが、それすら笑いに変えるMCがライブと対象的にゆるくて最高でした。キセルとのコラボも見れて得した気分。


グッドラックヘイワ - Chinese Skater @ KAIKOO POPWAVE FESTIVAL'10

yonige @ EARTH TENT

次のアジカンまでyonigeを見ました。とりあえず「センチメンタルシスター」が聞ければいいやと思っていましたが、「ワンルーム」がちょっと涙ぐんでしまうくらい良かったです。なんなんでしょうかあのあんまりやる気なさそうな感じと、いつ死んでも構わないみたいな刹那感は。その中で流れるグッドメロディは。もうアボガドみたいな4つ打ちに頼らなくても、ギタージャカジャカ鳴らすだけでその場を持っていけると思います。


yonige「ワンルーム」official music video

ASIAN KUNG-FU GENERATION @ RED STAR FIELD

お待ちかねのアジカン。フェスなので有名曲だけ並べてくる感じかと思いきや、ほんのり骨芋盤を感じさせるセットリストでとても良かったです。ワンマンツアーのハイライトである「無限グライダー」→「ノーネーム」→「マーチングバンド」をフェスでもきっちりできるのがアジカンのすごいところ。最近のライブの締め定番の「今を生きて」で盛り上がったあとこれで終わりかと思いきや、最後にbloodthirsty butchersのbanging the drumを演奏!正直どの曲よりもここが一番気合が入ってました。ゴッチは被っていた帽子を演奏途中にステージに叩きつけてギターを掻き鳴らし、その時強くなってきた雨と合わさってとんでもなくエモーショナルになりました。すげーもんを見ました。ゴッチは「フェスだから被りとかあるから、途中で別のステージに行ってもいいぜ。俺はお前らのライジングサンが最高ならそれでいい」と言っていたのにもかかわらず「サンステージはリライト演ったらみんな移動しちゃって集中力が途切れちゃうけど、レッドスターフィールドは最後までいっぱい人がいるから最高!次もレッドスターがいい!」てなことを言っていて正直者かよと思いました。


Mugen Glear [無限グライダー] - Asian Kung-Fu Generation Sub español

クラムボン @ RAINBOW SHANGRI-LA

満員の水曜日のカンパネラを外からちら見してから、クラムボン。サウンドチェックの曲をお客さんにリクエストさせるのってマジでやるんですね。サウンドチェックの便箋歌から会場は異様な盛り上がり。そのまま本編が始まってバイタルサインではミトさんがベースをアンプに叩きつけて盛り上がりがピークになったあと、みんなで合唱する「波よせて」は最高でした。新曲のLush Lifeがめちゃくちゃ良かったので、配信でも売って欲しいなー。


clammbon『モメント e.p. 3』M1.Lush Life!

cero @ RAINBOW SHANGRI-LA

同時間帯のceroと非常に迷いましたが、先日のフジロック中継のライブがすばらしかったのでceroを見ました。最新アルバムの曲はもちろん、最新モードにアップデートされたMy Lost City、さん!も素晴らしかった。多幸感が数倍増しになってました。一番踊り狂ったのはなんといってもPoly Life Multi Soul。色々なリズムが重なり合って、最後に4つ打ちに昇華されていくあの感覚は、実際生で聞くと頭が真っ白になりました。


DRIP TOKYO #3 cero

フィッシュマンズ @ RAINBOW SHANGRI-LA

フィッシュマンズのライブは23:30からでしたが、外は豪雨になっており、雷警報まで出る始末。そんな中「LONG SEASON」から始まり「ナイトクルージング」で終わるまでMCなしのディープなライブでした。永積タカシさん、原田郁子さんがゲストボーカルに入ると知っていたので、みんなでいかれたbabyを歌うようなピースフルなステージになるのかなと思いきや、全く媚びたところがなく、グルーヴで殴られ続けるライブでした。豪雨、疲労、眠気、観客の熱気があわさって、RAINBOW SHANGRI-LAだけ別の世界に飛ばされたみたいで、幻想を見てるのかライブ見てるのかわからなかったです。あと、茂木欣一さんボーカル曲では、佐藤さんの声に聞こえる瞬間が何度もあってグッときました。


Fishmans - Weather Report

まとめ

めちゃくちゃ辛かった去年の雨よりもさらに降るとは思いませんでした。疲れた。長靴がなかったら途中で帰ってたかもしれません。長靴最高。for campersは、あの時間帯にライブを見るってだけでテンション上がりますね。その日見たライブのすべてが最後のライブに影響して得も言われぬ感動があります。1日目のベストアクトは非常に難しいですが、フィッシュマンズでお願いします。

2017年 ベストアルバム

2017年の好きなアルバム10枚です。10枚に無理矢理絞り込むことで自分らしさが出ると思うのです。 文章は全部感覚で書いてるので大目に見てください。

Mellow Waves / Cornelius

今年はCorneliusのファンになった一年だった。「あなたがいるなら」を聴いてからというもの、過去に聴いてさっぱり良さがわからなかった「Point」、「Fantasma」にもすっかりハマってしまった。Corneliusの楽曲はクールに統一されているかと思いきや、ところどころ感情が溢れ出てしまっているのが好きだ。今作は「メロウ」がテーマとなっているが、「あなたがいるなら」「いつか/どこか」のギターソロ、「未来の人へ」のアウトロなど、生々しい感情は過去最高だ。密室感と夢心地が調和した個人的には2017年最高のアルバム。


Cornelius - 『あなたがいるなら』"If You're Here"

Phantom Brickworks / Bibio

PHANTOM BRICKWORKS

PHANTOM BRICKWORKS

  • Bibio
  • エレクトロニック
  • ¥1500

去年は歌モノアルバム(これも素晴らしかった)だったBibioの全編アンビエントで統一されたアルバム。夜に散歩をしていると、道路を車が走る音がとても気持ちよく感じるのだが、このアルバムはこの感覚と似ている気がする。掴みどころのない音楽だが、中盤からハッとするような美しい瞬間が訪れる。まるで脳の溝を柔らかい布で丁寧に拭き取られるような気持ちになる。リラックスしたいときや寝る前、読書の際におすすめ。


Bibio • ‘Phantom Brickworks III’ (Edit)

Sleep Well Beast / The National

とにかくドラムの音が最高。「Day I Die」は間違いなく2017年のアンセム。頭でぼんやりと考えていたオルタナティブ・ロックとエレクトロニカみたいなものが同時に鳴らされていく快感、聴けば聴くほど今まで聴こえなかった音が見つかる喜びがある。これぞ「インディーロック」というようなこだわりや信念みたいなものがじわじわ染みてくる。


The National - 'Day I Die'

FANTASY CLUB / tofubeats

CDで音楽を売ってはいるもののCDそのもので音楽を聴く人はほとんどいない。そんな中、「アルバム」というまとまりにどれだけ意味があるのかということも考えつつある2017年、「アルバム」というまとまりで音楽を聴く楽しさを再確認した一枚。ライナーノーツの「部屋で音楽と向かい合ってじっくりアルバムを聴くことはライブとはまた違う体験である」という言葉にとても勇気づけられ、自分の音楽を聴く姿勢をもう一度考え直す機会となった。

wired.jp

「東京」ではなく地方都市の孤独、苦悩に、同じく地方で生まれ地方で育ち地方で働く自分としては共鳴してしまう。


tofubeats / トーフビーツ -「BABY」

PINK / 土岐麻子

PINK

PINK

一体シティーポップとは何なのか。2017年もあんまりよくわからなかった。しかしこのアルバムがとても上質なポップであることは私にも分かる。華やかなだけでなくこちらは「東京」の孤独を歌っている。アップテンポな「Rain Dancer」が鳴り止んで間髪入れずに「カクテルのグラスには~」と「Blue Moon」が歌い出される瞬間に音楽を聴く喜びを感じる。


土岐麻子 / PINK

I See You / The xx

逆に音を鳴らさないことでグッとくる1stアルバムから比べると過剰とも言えるくらいの音数。しかしメランコリックな感情はそのままにドラマチックになっているのが最高。「On Hold」と「Test Me」が同じアルバムに入っているということ、完全に閉じた音楽でありながら開かれた音楽でもあるという矛盾を鳴らしてしまっているところにグッとくる。


The xx - I Dare You (Official Music Video)

Life Without Sound / Cloud Nothings

エモの権化その一。一曲目の「Up To The Surface」から頭の内側からハンマーでガンガン殴られる感覚がするほどエモい。「ロックとかあんまり聴かなくなっちゃったな」なんて言ってたことをお詫びしたい。何歳になってもこういう音楽で血を沸かしたい。


Cloud Nothings - "Up To The Surface" (official music video)

熱源 / cinema staff

熱源

熱源

エモの権化そのニ。ロマンチック爆発の歌詞を激情的な演奏に乗せた全10曲。完全なる僕と君だけの二人だけのセカイを綴る「返して」、最後の「僕たち」にはひれ伏すしかない。CDの棚ならLife Without Soundの隣に置きたい。

僕らはずっとひとりだけ せめて上のまぶたが落ちるまで
鼻の奥がツンとするような映画の話をしていたい


cinema staff「返して」MV

New Energy / Four Tet

New Energy

New Energy

Four Tetの音楽の好きなところは現実に虚構が割り込んでくるような感覚がする点。エレクトロニカの上に言葉がわからないほど分断された女性の声が差し込まれていくのを聴いていくと不思議なトリップ感がある。映像でいうと時間軸と場所が違う物語が交互に進行していく映画を観ているような気分になる。


Four Tet - Planet

SOAK / ねごと

ねごとのまさかの2017年二枚目のアルバム。前作「ETERNALBEAT」で習得した分厚いシンセ音を完全に自分のものとしている。メロディのフックも過去最高だと思う。「WORLDEND」のサビ裏で弾き倒すギターリフも聴いてるとニヤニヤしてしまう。今作はアルバムとしての構成が素晴らしい。「moon child」「undone」「ALL RIGHT」の流れや、そこから「シリウス」「水中都市」でバシッと締まって「空も飛べるはず」まで味わえる。なんだか2010年前後の邦楽ロックをアップデートしたような内容に興奮した。


ねごと - ALL RIGHT [Official Music Video] -Short Ver.-

以上、アルバムとしてよく聴いた10枚でした。次点としてはThe War On Drugs、PhoenixBjorkBeckGorillazなどなど……。来年はライブも素晴らしかったAPOGEEサカナクションSpangle call Lilli lineに期待。

私を構成する9枚からこぼれ落ちたアルバム

少し前にツイッターで「私を構成する9枚」という企画が流行った。文字通り私を構成する9枚のアルバムを紹介するというものだ。私も選んでみたが、どうしてもかっこつけたような恥ずかしい気分になる。

ただ、この9枚は歳とともに更新されていく。更新されていくにあたって9枚という枠からこぼれ落ちてしまったアルバムのほうに自分らしさみたいなものを感じてしまう。

続きを読む

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO 2日目

f:id:wk_cal:20170817110635j:plain

2日目は夜まで雨がずっと降り続いた。地面はぐちゃぐちゃで沼地になっていたし、気温は20℃くらいでとても寒かった。正直、ライブが始まるまでは「なんでこの場所にいるんだろう」と思っちゃったりしたが、天候の憂鬱を吹き飛ばすようなライブ体験ばかりだった。

続きを読む

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO 1日目

f:id:wk_cal:20170811105909j:plain

ライジングサンロックフェスティバルに行ってきた。去年初めて行って魅力に取り憑かれたので今年も参加。今年は台風の影響もあり、飛行機の運行、当日の天気が危ぶまれたが、1日目”は”なんとか問題なかった。カンカン照りの去年より日差しがないぶん疲労も少なかったように思う。

  • 準備
    • 入場券
    • 会場までの交通手段、宿
      • メリット
      • デメリット
    • 持ち物
  • 1日目のライブ
続きを読む

普段買っている商品

ブログサボってました。すみません。 今日は愛用日用品、食品の紹介をしたいと思います。

キリン アルカリイオンの水

[2CS] キリン アルカリイオンの水 PET (2L×6本)×2箱

[2CS] キリン アルカリイオンの水 PET (2L×6本)×2箱

飲料水です。以前はお茶を買っていたのですが、カフェインの摂取量を減らそうと思い、水にしました。 具体的に何がと言われると難しいですが美味しい気がします。ただ、産地などが書いてないのが気になります。

キリン 午後の紅茶 おいしい無糖

好きな飲料です。これを飲んでから糖分が入っている紅茶が飲めなくなりました。自販機やコンビニで見かけたら買ってしまいます。 めちゃくちゃ美味しいのですがカフェインも相当多いと思われるので最近は控えています。

ブルックス ドリップバッグコーヒー

www.brooks.co.jp

コーヒーです。ドリップバッグタイプに定評のある会社です。コーヒーはもっぱらここで買います。 ここのコーヒーはコーヒー一杯あたり10gの豆を使っており、市販のドリップバッグより多めです。 これを飲むとインスタントコーヒーや缶コーヒーに戻れません(これらもまた別の良さがありますが)。 カフェインを気にしているので一日一杯程度にしています。

カルビー フルグラ

カルビー フルグラ 800g

カルビー フルグラ 800g

朝ごはんです。美味しいです。かれこれ3年近く食べていますが飽きません。食物繊維が多いので助かります。 意外とスーパーやネット通販よりもドラッグストアで安く売っている気がします。

アリエール リビングドライジェルボール

洗剤です。ジェルボールは洗濯物の量に合わせて洗剤を計って調節したりする必要が無いのが長所であり短所でもあります。 これは部屋干しタイプで香りが控えめです。通常バージョンはとてつもなく香りが強かったのでこちらを愛用しています。

花王 ハミングNeo 柔軟剤 ホワイトフローラルの香り

柔軟剤です。使うと使わないとでは全然違います。タオルがしっとりやわらかになっていい気分です。 ちなみに私は2年ほど入れるタイミングを間違っており全く効果のない使い方をしていました。

太田胃散

【第2類医薬品】太田胃散<分包> 48包

【第2類医薬品】太田胃散<分包> 48包

胃薬です。最近不規則な生活からか胃の調子が悪く、食後に気持ち悪くなることがあります。そんなときお世話になる薬です。 ただ、これは根本的な問題を解決しなければならないのでいずれは服用しなくて済むようにしないといけません。

定期的に購入しているのは以上です。この他の日用品は特にこだわりはなく、目についたものを買います。 頭痛や寝不足の問題から、カフェインは摂らないようにしたいのですが、カフェイン含有の飲料が好きすぎてやめられそうにありません。

2017年1月9日

この土日、食べてる時間と寝てる時間以外は全てアニメ見ながらソシャゲをやっていた。最初は意識がソシャゲに集中しており、たまにアニメを見るといった感じになるがだんだんゲームを放ったらかしてアニメに釘付けになり目から涙が流れてくるあの一連の流れは謎の充実感がある。